PICK UP!

化学部からラグビー部に。そしてトレーナーに。多くの壁を乗り越えて見えた自分の姿。(前編)

望月さんカバー4

 

今回は、早稲田大学蹴球部で4年間トレーナーとして活動していた望月さんに、学生トレーナーを始めたきっかけと、ラグビーを続けるきっかけにもなった監督との思い出についてインタビューをさせて頂きました。

 

化学部からラグビー部に。そしてトレーナーに。

 

—— はじめに、なぜラグビーを始めたのか簡単にお話頂けたらと思います。

 

小さい時から水泳を始めて、中学に入学してからは、勉強を頑張りたいと思っていたので最初は化学部に入ったんですが、運動部にも興味があったので、転部しました。

 

ラグビーを選んだのは、サッカーやテニスなどと違ってみんな中一から始めたばかりのスポーツだったので自分にも挑戦できそうだなと思ったからです。高校3年生最後の大会では県の決勝まで行くことが出来ました。

 

—— 大学ではなぜトレーナーになられたんですか?

 

選手としてはもういいかな、と思っていました。もともと選手として優れていたわけではなかったですし。

何かに打ち込みたいという気持ちに加えて、ラグビーに関わっていたいとも思っていました。あとは、高校の時に来てくださっていたトレーナーの人と早稲田ラグビーのかっこよさへの憧れが強かったです。

 

ーーちなみに、高校時代はどんな性格だったんですか?

 

自信があって積極的なタイプではなく、黙々とパスを出して体を張る選手でしたね。どちらかというと自分に自信がないタイプですね。自己犠牲とか、尽くすとかはむしろ得意なんですけど。ポジションはスクラムハーフをやっていました。本当はフランカーもやってみたかったのですが、高校の時は華奢で、部員もたくさんいたわけではなかったので空いていたポジションをやったという感じです。

 

一度試合にフランカーとして出場した時にすごく楽しかったんですが、チームのことを考えるとやはり自分はスクラムハーフだなと思いました。

 

 

監督のサポートでラグビーも勉強も。

 

—— つらい練習でも6年間努力を続けることができたことには何か大きな理由があるんですか?

 

仲間の存在と、監督が本当にいい人だったのでその二つが大きいです。

 

——どんな監督さんでしたか?

 

勝つことはもちろん、人間的な成長をすごく重視している監督でした。間違ったことをしていたら本気で叱ってくれる人でしたね。

 

部訓に「成し遂げる」という言葉を掲げていて、夏は1.5時間、冬は1時間、しかも週に3-4回という限られた練習時間で強くなるには、練習時間外での過ごし方が大事になるということを前提に、自分たちで考えなくてはいけないと常に言われていました。

 

ーー優しい監督さんだったんですね。

 

そのバランスが絶妙で、怖い時は本当に怖いんですよ(笑)

 

「選手に考えさせる」という考えだと甘い指導になりがちですけど、大事にしている考えや基準に対してすごく厳しい人だったので、チームを作る上ではすごく大事なことだなと思います。

 

ーー何かおもしろい取り組みや、独特のルールはありましたか?

 

試験前になると計画表が配られるんですよ。試験までに自分が勉強できる時間があと何時間あって、どこの時間で何をやって、というのを「実行可能である」ことを基準に作成するんですね。

 

あと、夏の菅平合宿前に3泊前後の勉強合宿をしていました。合宿前に出されている宿題をそこで監督に見せなくてはいけないんです。

 

逆に言えば、それだけ手をかけてもらっていました。だから勉強も部活も両立しなくてはと思えたし、頑張れたのだと思います。

 

—— そこまで勉強面でも徹底できる方はなかなかいないですね。しかも自分から率先してサポートしていくなんてすごいですね。

 

監督自身もビジネスマンとして活躍していたそうです。監督は、学校の中でのラグビー部の立ち位置を考えて、真面目に勉強もしないといけないという考えを徹底している人でした。

 

個人練習も試験と同様に、週のどこで何に取り組むかを計画表に書いていました。放課後の何時から何時に、何のために何をやるのか、すぐに実行できる内容で書かなくてはいけなかったのを覚えています。

 

—— 最後に、監督さんの一番すごいと感じるところがあれば教えてください。

 

選手の主体性を引き出して、しかもそこに任せてくれていたのはすごいことだなと思います。

 

ビジネスのノウハウを選手個人個人が取り組めることに落とし込んでくれていたので、今から考えるとすごくありがたいですね。

 

 

今回の前編では、望月さんに「どんな指導者が自分に大きな影響を与えたか」というテーマについて話して頂きました。後編では、4年間のトレーナー生活での学びや直面した悩みをお届けします。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCoachDigestをフォローしよう!

関連記事

  1. 小林佑弥

    大学2年で早稲田大学を休学しハンドボールの指導者留学。クロアチアで感じた確かな日本との違い

  2. 43146662 - book, stack, laptop.

    あなたは理解できていますか?「文武両道」の本当の意味

  3. あなたのチームはうまく連携できていますか?

    意外と知らない!元代表コーチが唱える連携の重要性

  4. 「良いケンカ」をしてチームを強くしよう

    「良いケンカ」をしてチームを強くしよう

  5. あの子はなぜ元気がないのか 選手を変えるたった1つの「宿題」

    悩んでいる選手を変えるたった1つの「宿題」とは

  6. コーチが持つべき「個性とコンセプト」

    コーチが持つべき「個性とコンセプト」

  7. 太田さん

    慶大ラグビー部、サンウルブズのS&Cコーチが語る!コーチと高校生に伝えたいこと。

  8. 宗田先生画像2

    Dr.大関の複眼インタビュー連載:ジャンパー膝【ドクター・宗田大さん】

  9. 16467375_1123829394393288_1061170703_n

    「すべては『自分で好きといえる「ジブン」になる』ために」 文武両道に魅せられた男の指導哲学と人生哲学…

人気記事

  1. 太田さん
  2. Ozeki
  3. 小林佑弥
  4. businessmen-152572_960_720
  5. 合宿や遠征に必要な準備
  6. 不調な時こそ慌てるな!一流選手の「継続論」
  7. 小林佑弥
  8. 小林佑弥
  9. 16467375_1123829394393288_1061170703_n
  10. running-498257_1280
  11. 「成功が成功を生む」元代表コーチが唱えるウエイトトレーニングの基本
  12. マイケルフェルプス_ 勝つ人と負ける人の「集中」は何が違うのか
  13. 「良いケンカ」をしてチームを強くしよう
  14. サッカーコーチに見て欲しいサイト5選
  15. 球界を代表する打者「山田哲人」を生み出した真中監督の指導方法とは

おすすめ記事

  1. 宗田先生画像2
  2. 16467375_1123829394393288_1061170703_n
  3. Ozeki
  4. 33604641 - children having swimming lesson
  5. 球界を代表する打者「山田哲人」を生み出した真中監督の指導方法とは
  6. 不調な時こそ慌てるな!一流選手の「継続論」
  7. running-498257_1280
  8. 「成功が成功を生む」元代表コーチが唱えるウエイトトレーニングの基本
  9. 選手が目標を決めるとき、コーチには何ができるだろうか
  10. マイケルフェルプス_ 勝つ人と負ける人の「集中」は何が違うのか
PAGE TOP