PICK UP!

球界を代表する打者「山田哲人」を生み出した真中監督の指導方法とは

球界を代表する打者「山田哲人」を生み出した真中監督の指導方法とは

 

今や球界を代表する打者に成長したヤクルトのトリプルスリー山田哲人。彼を怪物に変貌させた背景には真中監督の育成方針があった。選手自身の気づきを大切にする真中監督の指導方法とは。(元記事は東洋経済オンライン『ヤクルト山田哲人は2軍でどう鍛えられたか』より)

 

選手自身の考えを尊重する

「選手自らの考えを尊重する」これはまさに、言うは易し行うは難しではないだろうか。例えば選手を指導する際に、自分の考えと異なる考えを持っているとしよう。これをすぐに「悪だ」と決めつけて、自分の考えの方に修正させるのはあまり良い指導とは言えない。

 

もちろん自分の経験に基づき、選手の成長のために最善の情報を与えようとしていることは分かる。しかし、ある程度実績を残してきた選手の場合であれば、選手自身の考えを尊重してあげたほうがより良く働く場合もあるのではないだろうか。

 

実績を残しているということは、自分のプレースタイルを持っているということだ。例えば元プロ野球選手で中日や横浜で活躍した種田仁選手。種田はガニ股打法と呼ばれる独特なフォームのバッティングで有名である。

 

ガニ股打法はまさに種田本人の試行錯誤から生み出された打撃フォームで、左肩が内側に入りやすいという問題を改善するために、始めから身体を開いて左足をつま先立ちにしたフォームだ。そんな独特の打撃フォームを持つ種田は、シーズン最高打率.314や通算打率.264をマークするほどの一流選手だった。

 

種田選手のように上手くいかなかったとしても、もし自分のやり方で通用しないと分かれば、選手自身で試行錯誤を繰り返すだろうし、それでもダメな場合はコーチに指導を仰ぐだろう。

 

普通に考えればルーキーにはあれもこれも教えたくなってしまいそうですが、彼らも、アマチュア世界ではトッププレーヤーとしてやってきたわけです。

それがプロになった途端に「今までのやり方では通用しないから、こちらの教えるとおりに変えなさい」と言われては、モチベーションが下がってしまい、本来の能力を発揮できないことでしょう。彼らは、それまでのやり方で何かが光っていたからこそ、今、こうしてプロ野球界にいるわけですからね。

 

選手が上手くいかず躓いている時も、コーチは深く踏み込んではいけない。選手にアドバイスをしても、それを強いることはしてはいけないのだ。あくまでも選手の自主性を重んじるのが真中監督の考え方だ。

 

アドバイスはするものの、「そのとおりにやれ」という“強制”は基本的にしません。あくまで「このようにしてみてはどうか」という“提案”であり、やるかどうかを決めるのはあくまで選手本人です。

 

山田哲人を生み出した真中監督の指導法には、勝つことを1番の目的としていない二軍での背景があった。結果が出ていなくとも、期待している選手は我慢強く使い続ければ結果を残してくれるというのが真中監督の考えだ。

 

成長の期待できる選手は勝利を第一の目的にしない試合で使い、試行錯誤を繰り返しながら、選手自身が何か掴むことを期待する。選手を信頼し、あくまでそれをサポートする。それが真中監督の山田哲人を生み出した指導法だ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCoachDigestをフォローしよう!

関連記事

  1. 33604641 - children having swimming lesson

    選手のミスを指摘するときのたった1つの大切なポイント

  2. アスリートは実践したい勝利に繋がる「思考の整理」

    アスリートは実践したい!勝利に繋がる「思考の整理」

  3. マイケルフェルプス_ 勝つ人と負ける人の「集中」は何が違うのか

    絶対に勝てるようになる!ルーティンの重要性

  4. 選手が目標を決めるとき、コーチには何ができるだろうか

    選手が目標を決めるとき、コーチには何ができるだろうか

  5. 頑張っての危険性

    絶対に知らなかった「がんばって!」の危険性

  6. 落ち込んでいるサッカー少年

    選手が落ち込んでいるときにコーチには何ができるだろう。

  7. 選手のミスを指摘する時に絶対にきをつけたいこと

    絶対にしてはいけない選手のミスの取り上げ方

  8. サッカーコーチに見て欲しいサイト5選

    サッカーコーチに見てほしいおすすめサイト5選

  9. running-498257_1280

    オノマトペって何?スポーツ分野でも大活躍のその効果とは?!

人気記事

  1. 太田さん
  2. Ozeki
  3. 小林佑弥
  4. businessmen-152572_960_720
  5. 不調な時こそ慌てるな!一流選手の「継続論」
  6. 合宿や遠征に必要な準備
  7. 小林佑弥
  8. 小林佑弥
  9. 16467375_1123829394393288_1061170703_n
  10. running-498257_1280
  11. マイケルフェルプス_ 勝つ人と負ける人の「集中」は何が違うのか
  12. 「成功が成功を生む」元代表コーチが唱えるウエイトトレーニングの基本
  13. 「良いケンカ」をしてチームを強くしよう
  14. サッカーコーチに見て欲しいサイト5選
  15. 落ち込んでいるサッカー少年

おすすめ記事

  1. 宗田先生画像2
  2. 16467375_1123829394393288_1061170703_n
  3. Ozeki
  4. 33604641 - children having swimming lesson
  5. 球界を代表する打者「山田哲人」を生み出した真中監督の指導方法とは
  6. 不調な時こそ慌てるな!一流選手の「継続論」
  7. running-498257_1280
  8. 「成功が成功を生む」元代表コーチが唱えるウエイトトレーニングの基本
  9. 選手が目標を決めるとき、コーチには何ができるだろうか
  10. マイケルフェルプス_ 勝つ人と負ける人の「集中」は何が違うのか
PAGE TOP