PICK UP!

コーチングを学ぶことの大切さ

コーチングの大切さに気付いたとき

 

この記事では早稲田大学体育会アーチェリー部監督でもあり、ビジネスの分野でもコーチングを行いご活躍されている守屋さんに、コーチングを学び始めるきっかけと学んだ後の効果について伺いました。

はじめは高圧的だった

—— コーチングを学ぶ転機はなぜ訪れたんですか?

以前仕事で私の厳しさがきっかけで部下が辞めてしまった時があったんですね。最初は特に後悔はなかったんですが、仕事で部下に厳しく接していた時期と、アーチェリー部が上手くいかなかった時期がたまたま同じだったので、何かモヤモヤ感がありました。
 
そこで自分のコミュニケーションを振り返ったときに改善すべきところがあると感じて、まずは少し学んでみようと思ったのがきっかけです。

 

コーチングを学ぶ研修や講習では、あなたはどんな人ですか?とお互いのことを聞き出していきます。何を大切にしたいんですか?とか何が人生の転機ですか?と聞かれるんです。そのプロセスを経て、自分の哲学や軸を洗い出されることで段々と明確になっていきました。

 

コーチが変われば選手が変わる

ーー コーチ間コミュニケーションで意識していること

各コーチに任せている部分がほとんどです。年に何回か飲みに行ったり、幹部の学生とのミーティングの時に話したりとコミュニケーションはもちろんとりますが、戦術的なところを密に連絡しあってはいないですね。

 

でも、すごく大事なところなので、今年から力を入れていかなくてはいけないとちょうど思っていたところでした。

 

—— なぜコーチ間のコミュニケーションは大事なのでしょうか?

指導者の意識レベルをもっと上げる必要があります。教育者という視点を持つべきです。その共有は頻繁に行うことで意識付けされていき、それがチーム力向上に直結します。選手と実際にコミュニケーションをとるのは監督ではなくコーチですから。

 

 

守屋さんプロフィール

【守屋麻樹(ローレルゲート株式会社代表取締役/NPO法人コーチ道理事)】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCoachDigestをフォローしよう!

関連記事

  1. Ozeki

    スポーツ医学検定の想い「スポーツのケガを減らし、笑顔を増やす」

  2. コーチが持つべき「個性とコンセプト」

    コーチが持つべき「個性とコンセプト」

  3. あなたは日本のスポーツから何を得ますか

    あなたは日本のスポーツから何を得ますか

  4. 小林佑弥

    大学2年で早稲田大学を休学しハンドボールの指導者留学。クロアチアで感じた確かな日本との違い

  5. 「良いケンカ」をしてチームを強くしよう

    「良いケンカ」をしてチームを強くしよう

  6. 16467375_1123829394393288_1061170703_n

    「すべては『自分で好きといえる「ジブン」になる』ために」 文武両道に魅せられた男の指導哲学と人生哲学…

  7. 「成功が成功を生む」元代表コーチが唱えるウエイトトレーニングの基本

    「成功が成功を生む」元代表コーチが唱えるウエイトトレーニングの基本

  8. 小林佑弥

    大学2年で早稲田大学を休学しハンドボールの指導者留学。小林佑弥さんがハンドボールを海外で勉強した訳と…

  9. 小林佑弥

    大学2年で早稲田大学を休学しハンドボールの指導者留学。帰国後に取った行動とは

人気記事

  1. 太田さん
  2. Ozeki
  3. 小林佑弥
  4. businessmen-152572_960_720
  5. 合宿や遠征に必要な準備
  6. 不調な時こそ慌てるな!一流選手の「継続論」
  7. 小林佑弥
  8. 小林佑弥
  9. 16467375_1123829394393288_1061170703_n
  10. running-498257_1280
  11. 「成功が成功を生む」元代表コーチが唱えるウエイトトレーニングの基本
  12. マイケルフェルプス_ 勝つ人と負ける人の「集中」は何が違うのか
  13. 「良いケンカ」をしてチームを強くしよう
  14. サッカーコーチに見て欲しいサイト5選
  15. 球界を代表する打者「山田哲人」を生み出した真中監督の指導方法とは

おすすめ記事

  1. 宗田先生画像2
  2. 16467375_1123829394393288_1061170703_n
  3. Ozeki
  4. 33604641 - children having swimming lesson
  5. 球界を代表する打者「山田哲人」を生み出した真中監督の指導方法とは
  6. 不調な時こそ慌てるな!一流選手の「継続論」
  7. running-498257_1280
  8. 「成功が成功を生む」元代表コーチが唱えるウエイトトレーニングの基本
  9. 選手が目標を決めるとき、コーチには何ができるだろうか
  10. マイケルフェルプス_ 勝つ人と負ける人の「集中」は何が違うのか
PAGE TOP