PICK UP!

大学生の選手をどこまでサポートするべきか

457660 - boys playing soccer

この記事では早稲田大学体育会アーチェリー部監督でもあり、ビジネスの分野でもコーチングを行いご活躍されている守屋さんに、学生主体のチームにおいてコーチが果たすべき役割について伺いました。

自分で考えさせる

—— 大学生ならではのチーム運営、大学生だからこそしていることはありますか?

大人として扱い、ほぼ任せています。中高生の場合は任せ切れないところがあり、ティーチングの部分が大きくなります。年代が低くなるほど、私生活への干渉や、保護者へのアプローチが必要になりますが、大学生は全て自己責任でやってもらえますし、そうあるべきだと思います。

—— 学生主体のチームにおけるコーチの役割は何がありますか?

学生の提案を頭ごなしに否定しないこと。それは間違っているよと直接言う事はしないように気をつけています。彼らの考えを深めていくのがコーチの役割ですね。よく起きる問題はとしては、マンネリ化することですね。学生は先輩のメニューや考え方を踏襲する傾向にあります。もしその効果が薄れてきていたり、その練習が形だけ残り目的が引き継がれていなかったりしているときには、「それは何のためにやっているの?」という問いかけをします。誰か指導者を外部から呼んでくるとか、他校の練習メニューを紹介するとか、機会の提供を中心に学生にはできないことをサポートしてあげることを意識しています。

—— 保護者は大学スポーツにどんな理解を持つべきでしょうか?

基本的には大学スポーツは大学の中でマネジメントされているので、あまり口を出してはいけないと思いますね。また、選手と一緒に住んでいるなら、栄養面での気遣いがあると良いと思います。私たちのチームではないですが、小さい時からアーチェリーをやっている選手の保護者がチームの方針に口を出したり文句を行ったりすることはあるそうです。これは良い関わり方ではないと思います。もう一つ重要なこととして、試合の結果に言及することは避けたほうが良いと思います。大学生なら結果も含めて自分でマネジメントする必要がありますし、そもそも親にあまり言われたくないポイントだと思います。

—— 選手/子どものサポートに徹する、これが大事な考え方になりますね。

まとめると、良いコミュニケーションをして欲しいですね。具体的には、試合や練習での具体的なミスを責めたり、本人を目の前にして監督やコーチに「うちの子は本番に弱くて~~」という話をされたりする方がいます。そのように言われると選手は落ち込みますし、そのイメージを持つことになります。専門的なことはコーチに任せて、ポジティンブな言葉で選手を全力で応援する雰囲気作りが非常に重要だと思いますね。

—— 子どもの足りないところ、苦手なところなどに気付いた親はどんな言葉をかけていけば良いのでしょうか?

これはコーチングの原則ですが、能力がないという声かけは避けるべきです。努力が足りないという視点でアプローチしなくてはいけない。逆に一生懸命にやっている点はしっかりと見てあげて、頑張っているねと承認してあげることが大切です。

守屋さんプロフィール

【守屋麻樹(ローレルゲート株式会社代表取締役/NPO法人コーチ道理事)】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCoachDigestをフォローしよう!

関連記事

  1. 小林佑弥

    大学2年で早稲田大学を休学しハンドボールの指導者留学。帰国後に取った行動とは

  2. 宗田先生画像2

    Dr.大関の複眼インタビュー連載:ジャンパー膝【ドクター・宗田大さん】

  3. 望月太智さんサムネイル画像

    化学部からラグビー部に。そしてトレーナーに。多くの壁を乗り越えて見えた自分の姿。(後編)

  4. コーチングの大切さに気付いたとき

    コーチングを学ぶことの大切さ

  5. 小林佑弥

    大学2年で早稲田大学を休学しハンドボールの指導者留学。クロアチアで感じた確かな日本との違い

  6. あなたは日本のスポーツから何を得ますか

    あなたは日本のスポーツから何を得ますか

  7. あなたのチームはうまく連携できていますか?

    意外と知らない!元代表コーチが唱える連携の重要性

  8. 10185130 - depression teen girl cried lonely in room

    あなたは実践できていますか?絶対にぶれない目標の作り方

  9. 谷川さん記事写真1

    Dr.大関の複眼インタビュー連載:腸脛靭帯炎【マラソンランナー・谷川真理さん】

人気記事

  1. 太田さん
  2. Ozeki
  3. 小林佑弥
  4. businessmen-152572_960_720
  5. 合宿や遠征に必要な準備
  6. 不調な時こそ慌てるな!一流選手の「継続論」
  7. 小林佑弥
  8. 小林佑弥
  9. 16467375_1123829394393288_1061170703_n
  10. running-498257_1280
  11. 「成功が成功を生む」元代表コーチが唱えるウエイトトレーニングの基本
  12. マイケルフェルプス_ 勝つ人と負ける人の「集中」は何が違うのか
  13. 「良いケンカ」をしてチームを強くしよう
  14. サッカーコーチに見て欲しいサイト5選
  15. 球界を代表する打者「山田哲人」を生み出した真中監督の指導方法とは

おすすめ記事

  1. 宗田先生画像2
  2. 16467375_1123829394393288_1061170703_n
  3. Ozeki
  4. 33604641 - children having swimming lesson
  5. 球界を代表する打者「山田哲人」を生み出した真中監督の指導方法とは
  6. 不調な時こそ慌てるな!一流選手の「継続論」
  7. running-498257_1280
  8. 「成功が成功を生む」元代表コーチが唱えるウエイトトレーニングの基本
  9. 選手が目標を決めるとき、コーチには何ができるだろうか
  10. マイケルフェルプス_ 勝つ人と負ける人の「集中」は何が違うのか
PAGE TOP