PICK UP!

絶対に知らなかった「がんばって!」の危険性

頑張っての危険性

 

スポーツの世界では良く聞かれる台詞の「がんばって!」無意識に出てしまうこの言葉には、意外な落とし穴があったのです。

 

応援する際の声の掛け方

「がんばって!」誰もが一度は言われたことのある台詞でしょう。しかし、心の中でこう思ったことはありませんか?「うるさいな、がんばってるよ!!」

 

たいていの選手は頑張っています。それなのに「がんばって!」と言われるのは、選手からしたら自分は努力しているのにまだ不十分だったんだ、認められていないんだ、と感じてモチベーションの低下にも繋がりかねません。

 

このような事態を避けるためにも選手を応援する際にかける言葉にはコツがあります。

 

親身になってあげる

親身になること。これは非常に効果がある声の掛け方です。「いつもがんばっていたね。これからも一緒に頑張ろう!」

 

一緒に頑張るということを言ってあげられたら、選手は「一人じゃない、自分には味方がいるんだ。頑張ろう!」と思うことができるかもしれません。親身になってあげることも方法の1つです。

 

認めてあげる

「がんばって!」この言葉に一つ工夫を加えるだけで、格段にその言葉の効果はあがります。それは認めてあげること。

 

例えば「がんばって!」を「がんばっているね。」に変えるだけで、声をかけられた側は「私、認められているな。」と感じるでしょう。それは選手との関係に安心感や信頼感を与えることにも繋がるでしょう。

 

あえて逆の言葉を掛ける

「あまり頑張りすぎないでね。」場合によってはこのような言葉の掛け方も、選手のモチベーションアップに繋がります。

 

また、オーバーワーク気味の選手に対しては、自分の練習をもう一度見つめる機会にもなるため、有効な声の掛け方の1つです。

 

一人一人選手の特徴を見極め、どのような言葉をどんなタイミング、どんな表情、どんな声のトーンで言うのかが鍵になってきます。自分の持っている引き出しから、その選手に一番適している言葉を選択し、モチベーションを最大限に引き出してあげましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCoachDigestをフォローしよう!

関連記事

  1. 不調な時こそ慌てるな!一流選手の「継続論」

    不調な時こそ慌てるな!一流選手の「継続論」

  2. 選手が目標を決めるとき、コーチには何ができるだろうか

    選手が目標を決めるとき、コーチには何ができるだろうか

  3. 球界を代表する打者「山田哲人」を生み出した真中監督の指導方法とは

    球界を代表する打者「山田哲人」を生み出した真中監督の指導方法とは

  4. 落ち込んでいるサッカー少年

    選手が落ち込んでいるときにコーチには何ができるだろう。

  5. 選手のミスを指摘する時に絶対にきをつけたいこと

    絶対にしてはいけない選手のミスの取り上げ方

  6. running-498257_1280

    オノマトペって何?スポーツ分野でも大活躍のその効果とは?!

  7. 33604641 - children having swimming lesson

    選手のミスを指摘するときのたった1つの大切なポイント

  8. アスリートは実践したい勝利に繋がる「思考の整理」

    アスリートは実践したい!勝利に繋がる「思考の整理」

  9. サッカーコーチに見て欲しいサイト5選

    サッカーコーチに見てほしいおすすめサイト5選

人気記事

  1. 太田さん
  2. Ozeki
  3. 小林佑弥
  4. businessmen-152572_960_720
  5. 不調な時こそ慌てるな!一流選手の「継続論」
  6. 合宿や遠征に必要な準備
  7. 小林佑弥
  8. 小林佑弥
  9. 16467375_1123829394393288_1061170703_n
  10. running-498257_1280
  11. マイケルフェルプス_ 勝つ人と負ける人の「集中」は何が違うのか
  12. 「成功が成功を生む」元代表コーチが唱えるウエイトトレーニングの基本
  13. 「良いケンカ」をしてチームを強くしよう
  14. サッカーコーチに見て欲しいサイト5選
  15. 落ち込んでいるサッカー少年

おすすめ記事

  1. 宗田先生画像2
  2. 16467375_1123829394393288_1061170703_n
  3. Ozeki
  4. 33604641 - children having swimming lesson
  5. 球界を代表する打者「山田哲人」を生み出した真中監督の指導方法とは
  6. 不調な時こそ慌てるな!一流選手の「継続論」
  7. running-498257_1280
  8. 「成功が成功を生む」元代表コーチが唱えるウエイトトレーニングの基本
  9. 選手が目標を決めるとき、コーチには何ができるだろうか
  10. マイケルフェルプス_ 勝つ人と負ける人の「集中」は何が違うのか
PAGE TOP